migratory

旅と音楽と英語とグルメ

お金も稼げてタダで旅行ができる!リゾートバイトってどんな感じ?

冬のレジャーといえば スキーやスノーボード

でもスキー場に行って遊ぶのってお金かかりますよね。

 

そんな時 バイトしながらリフト券は無料!のリゾートバイトはとっても魅力的です。

今回は主に スキー場のリゾートバイトについて書いています。

ほかのリゾートバイトとも共通する事があるので リゾバに興味がある方はぜひ一読ください。

 

f:id:DQxCeles:20181111153743j:image

 

 

リゾバはこんな人に向いてます

・まとまった自由時間がある(学校が休み・会社勤めをしていない)人

・新しい人と出会いたい

・シーズン中 スキーやスノーボードを楽しみたい

・お金を貯めたい

・語学力を活かしたい

 

では詳しく見ていきましょう

 

リゾートバイトとは?

一言で言うと リゾート地へ行き 住み込みバイトをする。

冬は主にスキー場・夏は沖縄や避暑地・通年通して温泉地などで募集があります。

 

人手が必要な繁忙期に短期で募集しているところがほとんどです。

 

まとまった時間がある人

住み込みなので少なくても年末年始やGW・お盆などの超繁忙期の数週間〜夏期間・冬期間のシーズン数ヶ月

基本的には雇用期間中にたくさんの連休を取れることはなく(2連休はあります)週5〜6日でシフトが組まれます。

ただ、仕事によっては勤務日が少ないところもありますので「がっつり稼ぎたい」のか「現地で遊びたいから休み多め」なのか 働く前にしっかり確認しておいてください。

 

年齢層

冬休みを利用して来る学生のイメージがありますが 学生は意外に少ないです。

多い年齢層は20代〜30代のフリーター。 もちろん40代や50代の方も居ます。

若者のノリに・・・と心配する必要はありません。18歳以上なら何歳でも応募可です。

近隣の方が「冬場は農家がお休みなので」と地元から来られてる方も多いです。そういった方は年齢層も高めですよ。

 

お金を貯めてワーホリや留学へ行きたい!って人も多かったです。

最近は外国人観光客急増でとても英語を使う機会も増えました。

英語を勉強したい人には向いてる思います。

 

職種

ほんとうに様々です。

レストランのホールやキッチン・洗い場、ホテルのフロントやペンション業務全般、客室清掃やベッドメイク、お土産の販売、託児室、プールの監視や近隣の居酒屋、農家のお手伝いなど・・・

 

他のシーズンにはないスキー場独特の仕事

リフト係、圧雪や索道、パトロール、インストラクター、レンタル業務、リフト券販売など・・・

スキーやスノーボードの技術が活かせる仕事から 特別なスキルがなくても人に対する心遣いがあればできる仕事まで幅広くあります。

 

スキー場のアルバイトに来る方はウィンタースポーツが好きな方も多いので 同じ趣味の仲間が見つかることも魅力です。

 

寮について

f:id:DQxCeles:20181111153818j:image

遠方からリゾートバイトに来る場合は ほとんどが勤務場所が用意してくれた寮に入ります。

寮がけっこう大事で 勤務場所までの所要時間・移動方法、ご飯の有無、近くにスーパーがあるのか・・・

3〜4ヶ月生活するとなるとプチ移住なので周辺環境はしっかり確認しておきましょう。

 

基本的には都心から離れた田舎へ行く事が多いです。

マイカー持ち込みしない場合は その場所へ缶詰になりますので 生活必需品の買い出しや 食事がでない場合は自炊することになりますので コンビニやスーパーが徒歩圏内にあるのかなど 勤務地へ行く前にしっかり確認が必要です。

 

寮は無料〜寮費1万円など勤務地によって違います。相部屋なのか個人部屋なのか?

他人との共同生活やシェアルームになれてない日本人は 全く知らない他人との共同生活がストレスになる場合もあります。勤務時間が違う場合は特に朝 電気をつけるだけで気を使います。

心配な方は 相部屋よりも値段が高くなることもありますが 個室確定してくれる勤務地がいいでしょう。

有料といえど、都心で住んでるように5万も10万も取られることはありません。

どんな子と一緒でも全然平気だよ!って方は是非相部屋体験してください。思わぬ親友に巡り会うかも?

 

ベッドや布団などは最低限あるはずですが、テレビや冷蔵庫、収納はないところも多いです。自炊派の方は キッチンがあるのか 調理器具はあるのかも確認しておいた方が無難。

普通の鍋もって行ったらIHだった・・・とかよくあるので。

 

まわりに何もない事がほとんどなので、部屋で動画を見ることが多くなるかもしれません。そんな時にないと困るのがWi-Fi。

スマホゲームや動画などのネット使用率が高い人は寮にWi-Fiがあるところを強くオススメします。

(低速制限がかかって 大変ストレスがかかりました・・・)

 

リフト券が無料

滑る人には大変嬉しいメリット!リフト券自体は無料ですが別途自分で傷害保険に加入しなければいけない所が多いです。

3000円前後で加入できるので忘れずに加入しておきましょう。

ペンションなど自分でスキー場を運営してない場所では ペンションが管理しているシーズン券を貸してくれます。

(※リフト券貸与してくれるかどうかは要確認)

 

その他のメリット

完全に勤務先によって異なりますが 一部のメリットを紹介します。

・食費無料

・レンタル、レッスン無料

・近隣スキー場無料 又は 割引き

・自社で扱っている商品の割引き

・温泉や温水プール無料

・新しい友達ができる。(北海道など海外からのワーホリで来てる外国人も多いので海外の友達もできますよ)

 

などといった 特典がある場所もあります。

寒い冬は温泉無料・・・ありがたいです。

食費は完全無料なところと 給料から1日300円天引き など様々。

無料でも有料でも 食事をしてくれる施設があるところは助かります

f:id:DQxCeles:20181111153936j:image

この日の社員食堂は大当たりだった!

 

移動手段

f:id:DQxCeles:20181111153848j:image

会社では用意してくれないので 自分で手配します。

勤務地によっては完全自己負担であったり「○ヶ月以上の勤務で交通費支給(上限○万円)などというところもあります。

 

自分の身一つで行くなら 飛行機や鉄道、バスを駆使して向かいます。

雪道に大きなスーツケースを転がして行くのは大変なので 手荷物は3日ぐらい過ごせるだけにして そのほかのすぐ必要ない荷物はあらかじめ寮に送っておくのがおススメ。

 

早めに格安航空券ゲットしよう!

 

マイカー持ち込み派は自分で 現地まで運転していきます。

北海道はフェリーがおススメ。雪道には十分気をつけて 船旅を楽しんでください。

f:id:DQxCeles:20181111154035j:image

一晩の大雪でとんでもない事になるので気をつけて!

 

以上。リゾートバイトとはどんなものかイメージしていただけたでしょうか。

冬になると長野や群馬、東北や北海道などざまざまな場所でたくさん募集がかかります。

人それぞれ働く動機(遊びたいor 稼ぎたい、個室は譲れないなど)が違いますので リゾートバイト特化の派遣会社に登録して 自分の希望職種や働く環境など色々相談してみる事をオススメします。

 

大変な事もありますが、楽しい事もあるしかけがえのない人生経験ができますよ!

 

私が登録している派遣会社はこちら↓ 超大手で全国にたくさん派遣先があります。

スポンサーリンク