migratory

旅と音楽と英語とグルメ

【ライブ・コンサート】ウイング・ステージサイド席とは?

f:id:DQxCeles:20181229142510j:image

人気アーティストのライブやコンサートは競争率が高く、チケットが取れないことも多いです。

しかし最近は少しでも多くの人に見てもらえるように「ステージサイド席」なるものが販売されるようになりました。

 

あまりなじみのないステージサイド席とは一体どんな感じ?

アーティストは見えるの?

あり? なし?

 

解説していきます。

 

 

ステージサイド・ウイング席とは?

「ウイング席」と呼ばれる事もある座席。

その名の通り、ステージのほぼ真横の席で通常の席から見るよりはアーティストが見えにくい場所です。

(ステージバック席とはまた違います

 

セットが大掛かりだとセンターに居る時はほとんどアーティストは見えないかもしれません。

 

通常の席に外れてしまって売り切れで行けない人への救済措置という感じでしょうか

 

しかし、ステージサイド席・ウイング席にも良いこと、その場所でしか体験できない事はあります。

 

ステージサイド席のメリット

・アーティストがサイドに来た時めっちゃ近い!

たまにステージの端っこまで来てパフォーマンスしてくれますよね。

そんな時は場所によってはアリーナよりも至近距離でアーティストを観れるチャンスです!

四六時中というわけにはいきませんが、来てくれた時には普段見えない事も相まって大興奮間違いなし!

 

・アーティスト目線で会場を見れる

普通お客さんはステージを見てるので、ステージから見た客席はどのように見えてるのかわかりませんよね。

しかし、ステージサイド席はアーティストの真横。ほぼ同じ目線の場所から見ているのでアーティストがどのように会場を見ているのか体験する事ができます。

 

なのでよりアーティストとの一体感を味わえる場所です。

 

臨場感がある

先程の「アーティストとの一体感を味わう」という事で、アーティストから見る会場を感じるには

後ろに設置されているモニターなどの映像でアーティスト目線のものが映されることはよくありますが、やはり映像を通して見るのと生で見る臨場感は違います。

 

音源に関してはもっと違います。

後に販売されるDVDや映画館で同時上映されるライブビューイング、有料放送の生中継など全国各地、会場へ行けない人達も一緒に楽しめる方法が増えたのはとっても良いことで 私も映画館へライブビューイング行ったことありますが

それでもどうしても「生の音」の迫力には勝てません。

 

デメリット

やはり角度的にアーティストが見えないことでしょう

 

まとめ

・ステージサイドでも現地へ行ける人は行ってください!

・アーティストはほとんど見えない。

・だけどアーティストの目線でライブが楽しめる

 

私は「ステージサイドってアーティスト見えないんじゃ行く意味ないかな〜」と悩んで結局行かず凄く後悔しました。

しかし アーティストがあまり見えなくても会場で空間を共有するという事は唯一無二の体験です。

 

もちろんステージサイド席も何百席と用意されているので 席によって見え方、感じ方は変わってきますが 行きたかったのにチケットとれなかった時はステージサイド席の追加販売も狙ってみてください。

私と同じように「微妙な席かな・・・」と悩んでる方も 悩むぐらいならチケット取って行ってください。

 

いつもとは違う新しいライブコンサートが楽しめますよ!

 

スポンサーリンク