migratory

旅と音楽と英語とグルメ

大阪人がオススメする通なたこ焼きの食べ方

大阪人が愛する地元グルメ「粉もん」

世間一般的には粉もんの味付けは「ソース」という認識が広がっています。

しかし日常茶飯事に粉もんを食べまくってる大阪人は色々アレンジをきかせてきます。

その中でもとっつきやすいのが おなじみ「たこ焼き」

 

おうちタコパでもいいですが

大阪に来たら お店でしか出せない本場のたこ焼き。

是非ソース以外の味でも食べてみてください

 

 

しょうゆ

日本を代表する調味料「しょうゆ」

私が1番オーダーする味付けです。

旨味がぎゅっと引き出されて お口の中に幸せが広がります。

 

塩は素材の味をすごく引き立てます。

生地の味を楽しむには1番オススメ。

しおマヨ(塩+マヨネーズ)が1番人気!っていう店舗も少なくありません。

 

すっぴん

要するに「何もつけない」

たこ焼き激戦区の大阪。各店舗、たこ焼きの味を決めてるといっても過言ではない「生地」にこだわりがあります。

例えて言うならラーメン屋のスープのような・・・

 

たこ焼きの生地は ただ小麦粉と卵と水をかき混ぜてるだけではないんですよ!

そんな企業努力を重ねて生み出されるたこ焼きは 何の調味料を食べなくても美味い。

もちろん味をつける事が前提の基本の生地なので ソースのようなしっかりした味を想像して食べると「なんの味もない」と思うかもしれませんが すっぴんだけが醸し出すたこ焼きの繊細なうまみを味わってみてください。

各店舗本当に全く味が違うのが顕著に現れます。奥が深い・・・

 

食べれば食べるほどにクセになってきます。

 

ポン酢

アッサリ食べたい時は迷わずこれ!

ネギがトッピングされた「ねぎポン」も人気。

ポン酢意外と合うんですよ。普通のたこ焼きに飽きてきた人にオススメ。

 

出汁

お隣兵庫県の「明石焼き風」に食べます。

先程紹介した すっぴん状態のたこ焼きを関西風の出汁につけて食べます。

混在しないでいただきたいのは「明石焼き」とは全く違います。

明石焼きは 本場の明石では「玉子焼き」とも呼ばれるほど 卵の比率がもっと高く外側も内側もフワフワしています。

たこ焼きを出汁につけたものを「明石焼き」と書いている店舗も希にありますが 騙されないでください。

 

明石焼きもとっても美味しいです。神戸に行かれる際は「三宮・元町」においしい明石焼き屋さんがあるので是非食べてみてください。

f:id:DQxCeles:20181008011549j:image

もちろん本場明石まで足を延ばすのもおススメです!

 

トッピング 

マヨラーはまず間違いなく全ての味付けにマヨネーズをお勧めします。

これは当然ですよね。

メニューには書いてないですが大抵の店舗ではマヨネーズを無料でつけてくれますので必要であれば 注文する時は「しょうゆマヨで」など、味付け名の後ろに「マヨ」をつけましょう。

 

実施してない店舗もありますが

「ネギトッピング」これはおススメ

ネギ苦手じゃない方は試してみてください。こんもり青々したたこ焼きがでてきます。

 

大阪ではおやつ代わりに慣れ親しんできたたこ焼き。

私が子供の頃に比べると随分進化して 各店舗それぞれ個性がありもうおやつではなくグルメになってます。

大阪にはたくさんのたこ焼き屋さんがひしめいてるので1店舗といわず 色んな店、色んな味を食べ比べしてみてください。

お値段もお手頃(ほぼ400円未満)

 

以上、大阪人がおススメする ソース以外の食べ方でした。

 

スポンサーリンク