migratory

旅と音楽と英語とグルメ

バイクのバッテリーの寿命が近いとこっちの寿命まで縮みそうな件

冬の間 3ヶ月ほど放置していたバイクを久々に動かしました

ライト類はちゃんとつく!よしよし。

 

・・・が、セルを押したら「・・・・しゅぅぅん」

という弱弱しい音とともに、ランプ類も消え完全にバッテリーが上がってしまいました・・・。

 

充電器などという代物は持っていないので、この放電してしまったバイクのバッテリーをバイク屋さんに持って行きました。

 

何日間かかけてゆっくり充電してもらいましたが バッテリー自体がもう寿命で充電しても電圧が12Vまでしか回復しないのとこと・・・

12Vってどのぐらいだ?

15V以上あると良好で、10Vを下回るともうダメらしい。

その中間・・・生命維持ラインギリギリというところでしょうか

 

ショップのお兄さんいわく、毎日20分(連続運転)以上の充電が必要とのこと。

通勤に要する時間は片道10~15分・・・!!

 

 

 バッテリー交換費用約2万(高い・・・)

知識もないのにどこぞで売ってる3000円ぐらいの安いバッテリーつけるのも不安。

だけど、なるべくバイクにのって充電しようと思い 北海道へGO!

もう最悪あがったらガソリンスタンドで充電してもらおうとか思って。

 

実際北海道へ行ったら今年は雨が多く、バイクに乗らない日も何日か続きました。

天気予報をこまめに見て3日以上放置するであろう日はあらかじめ バッテリーの線をはずしておくなどしてなんとか凌ぎました。

 

 

一番怖かったのは、最初に乗るフェリーの中。

20時間以上放置してイザ下船の時にエンジンかからなかったらどうしよう・・・!!

 

キックスターターがないため、セルが回らなかったらもう終わりだ・・・

船の中でエンジンがかからないなんてもう絶望だ。とネガティブになりながら

下船準備のためにバイクに荷物を積んでいるライダー達を横目にセルスターターオン

 

「きゅるるるるるる!!!」

なんとか動いてくれた・・・(・∀・)イイコ♪

 

とほっとするのもつかの間、下船準備から実際に下船するまでが長~い

またこれはこれで悩みもので 一回エンジンを切るべきか

いやいや、セル回すのに大量に電力消費したはずだから2回目にまたエンジンかかるとは限らない。。。

しかしアイドリングも迷惑。。でもエンジン止まったらどうしよう・・・

 

と冷や冷や 冷や冷や・・・

 

こんな無駄なストレスを抱えないためにも、みなさんは日ごろからバッテリー万全にしましょうね。

 

通勤などで毎日のらない限りは こまめにバッテリー外しておくのがいいと思いました!

一度完全に放電すると、バッテリーの質が著しく低下するらしいので。。(´;ω;`)

 

私はある程度の町での滞在型なので少し甘い考えでいきましたが、ロングツーリングへ出かける(しかもソロ)の方は絶対にバッテリーだけは万全にしていきましょう!

ツーリングが快適な田舎へいけば行くほど、やばい時に限って集落もガソリンスタンドもすれ違う人や車もいないものです。

次の村まであと何十キロかかるのかも不明。

以前ここにあったであろうガソリンスタンドや旅館が閉店してることなんてザラです。

そんな状態で夜になってしまっては 楽しいはずのツーリングが人生終わった・・・ぐらいの絶望感に苛まれます。

 

なので、絶対に バッテリーには注意してください!

 

予断ですが、私が小樽から舞鶴へ帰る際に今から北海道へツーリングに来た夢と希望に満ち溢れて降りてくるバイク達を見ておりましたら 恐怖のバッテリー上がりを起こしているバイクがいました(ノД`)

 

しかし彼らは250ccのオフロード車、キックスターターがあるバイクだったので汗をかきながら仲間と共に押しがけなど色んな方法を試してなんとかつけてましたが・・・

 

いやはや人事ではないので、みなさま本当にバッテリー上がりにはお気をつけください(何回言うんだ)

 

対策:

使わない時には バッテリーを外しておく

 

スポンサーリンク